解決事例

no.001

男性 / 40代 / 専門職

法律上の離婚事由が無いにも拘わらず、短期間での離婚が成立した事例

法律上の離婚事由が無いにも拘わらず、短期間での離婚が成立した事例

画像はイメージです

離婚請求

離婚を求めた

原因

性格の不一致

性別

男性

年代

40代

職業

専門職

相手年代

30代

相手職業

主婦

子ども

子どもあり

争点

養育費

解決方法

協議

状況

当事務所に法律相談にお越しになる4~5年前に夫婦で離婚の話し合いを行い、離婚することについて、一度は依頼者の奥様も同意していました。

ところが、いざ離婚届を作成し、依頼者の妻に離婚届を預けたところ、奥様は一転して離婚届を提出することを拒み、離婚そのものに応じなくなってしまいました。

その間、依頼者はずっと奥様と子供の生活費(婚姻費用)を支払わなければなりませんでした。依頼者は、一刻も早く離婚することを希望して、当事務所に来所しました。

活動

まず、奥様に当事務所にお越しいただき、弁護士が奥様と直接話し合いをしました。奥様は、当初は離婚することに難色を示していました。

しかし、弁護士が奥様の要望をしっかりとヒアリングし、双方の妥協点を探ったうえ、奥様の生活費(婚姻費用)の支払いを一定期間延長することを提案したところ、奥様は最終的に離婚することに同意してくれました。

ポイント

過去に離婚について同意していたとしても、離婚届を提出しなければ離婚は成立しません。また、離婚が成立するまでは、収入の高い方(本件では依頼者)から低い方(本件では奥様)に対して、生活費を支払い続ける必要があります。したがって、依頼者の経済的観点からは、少しでも早く離婚を成立させることがとても重要になります。

この案件は、法律上の明確な離婚事由がないため、話し合いで離婚を成立させる必要がありました。奥様の言い分を丁寧にヒアリングし、お互いが満足できる妥協点を見出したことがポイントでした。

その他の解決事例

離婚問題に
お悩みの方へ
離婚問題の経験豊富な弁護士・
スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

無料相談のご予約はこちら

離婚問題について経験豊富な弁護士・スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

ページTOPヘ