解決事例

no.001

男性 / 専門職

早期の離婚の合意に成功した事例

早期の離婚の合意に成功した事例

NEW

画像はイメージです

離婚請求

離婚を求めた

原因

性格の不一致

性別

男性

子ども

子どもあり

職業

専門職

相手職業

主婦

離婚条件

養育費

手続き

協議

事案

数年前に、お互いに協議離婚の合意をし、署名捺印をした上で離婚届の提出を妻に任せました。しかし、妻は、なかなか離婚届を提出しようとせず、夫はいつまでも婚姻費用(生活費)を払い続けざるを得ませんでした。

「早く、離婚届を提出し、離婚を成立させたい。」そのような思いで、当事務所にご相談に来られました。

解決

当事務所において、妻と協議を行いました。離婚届を期限内に提出することを条件に、婚姻費用(生活費)の支払期間を延長するという内容の合意に至りました。

その結果、相談後、2か月以内に離婚届を提出する旨の合意の取り付けに成功しました。

弁護士の視点

夫婦である限り、収入の高い側の配偶者から、低い側の配偶者に対して、婚姻費用の支払いをしなければなりません。その支払いは、夫婦でなくなるまで、つまり離婚するまで継続します。ですから、本件では、何より早く離婚することが重要でした。

また、本件では夫婦に法律上の離婚原因がなく、合意でしか離婚ができないという事案でした。ですので、早期に離婚できるよう、慎重に交渉を重ねました。

離婚問題に
お悩みの方へ
経験豊富な離婚専門の弁護士・
スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

無料相談のご予約はこちら

経験豊富な離婚専門の弁護士・スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

ページTOPヘ