弁護士コラム

共同親権につき、最高裁は判断せず、上告棄却

共同親権につき、最高裁は判断せず、上告棄却

40代男性が子どもの共同親権を求めて上告したところ、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は2月28日、男性の上告を棄却する決定を出しました。

「共同親権」とはいったい何なのか?

その名の通り、父母どちらにも親権があるということです。夫婦が婚姻している間は、もちろん父母どちらにも親権があります。しかし、夫婦が離婚してしまうと、親権者をどちらか一方に決めなければなりません。これが「単独親権」です。

民法にも、「離婚する際には父母のどちらか一方を親権者と決めなければならない」旨規定されていますし、離婚届にも、親権者の記載欄があり、記入がないと受理してもらえません。

どうして、単独親権が定められているのかについては、離婚した夫婦が協力して親権を行使することが期待できないとか、親権者をどちらかに定めないと子どもが不安定な立場に置かれてしまうとか、戦前の家父長制の名残であるとか、様々なことが言われています。

今回の裁判で主張された内容とは?

今回の裁判で、男性の代理人である作花知志弁護士は、離婚した両親間で「合理的な理由のない差別的取り扱いを行うもの」として、法の下の平等を定めた憲法14条1項に違反、無効であると主張しました。さらに、家庭生活における「両性の本質的平等」を定めた憲法24条2項にも違反する旨主張しました。

憲法14条1項は、以下のように定めています。

「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」

まず、14条1項の「法の下」とは、法適用の平等のみならず、法内容の平等も含まれると考えられています。さらに、各人の事実上の差異を無視した絶対的平等はかえって不平等になるので、「平等」とは、合理的区別を許す相対的平等をいうと考えられています。

作花弁護士は、離婚した両親のいずれか一方を親権者と定めることは、「合理的区別」ではないため、憲法に違反すると主張しているのです。

また、憲法24条2項は、以下のように定めています。

「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」

判決全文を読んでみないと分からない点もありますが、おそらく、母(女性)、父(男性)のいずれかに親権者を定めなければならにということが、不平等であるとの主張だと考えます。

しかし、裁判所は、単独親権が違憲かどうか判断することなく、上告を棄却しました。

もし「共同親権」となった場合はどうなる?

では、仮に、民法が改正され、共同親権となった場合、どのようになるのでしょうか。推測にしかすぎませんが、私は、あまり、現状と変わらないのではないか、と考えます。

夫婦は離婚したら別居するのが通常ですから、共同親権とは言えど、子どもがどちらの家で生活するのか決めなければなりません。そうなれば、面会交流についても定める必要がありますし、養育費をどちらがどれだけ負担するのかも決めるべきでしょう。

もちろん、離婚をしても父母が協力して子育てを行っている家庭もありますし、中には離婚後も同居している方々もいらっしゃいます。そのような方にとっては、共同親権を持つことによって、子育てが円滑に進むこととなるでしょう。

しかし、そのような方々はレアケースなのではないでしょうか。婚姻関係が破綻し、互いに顔もあわせたくない、というような父母に共同親権を与えたら、子どもに関する争いが、いつまでも終わらないのではないか、子どもが苦しい思いをするのではないかと心配です。

私は、共同親権によって夫婦が協力して子育てをして行くというのは、非常に理想的な制度だと思います。しかし、現実問題として、うまくいくのか、疑念が残ります

いずれにせよ、親権、監護権、面会交流に関する問題は、法改正の可能性を含む難しい問題です。これらについてお悩みの方は一度、当事務所にご相談下さい。

関連するコラム

共同親権につき、最高裁は判断せず、上告棄却

共同親権につき、最高裁は判断せず、上告棄却

40代男性が子どもの共同親権を求めて上告したところ、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は2月28日、男性の上告を棄却する決定を出しました。 「共同親権」とはいったい何なのか? その名の通り、父母どちらにも親権があるということです。夫婦が婚姻している間は、もちろん父母どちらにも親権があります。しかし、夫婦が離婚してしまうと、親権者をどちらか一方に決めなければなりません。これが「単独親権」です。 民法にも、「離婚する際には父母のどちらか一方を親権者と決めなければならない」旨規定されていますし、離婚届にも、親権者の記載欄があり、記入がないと受理してもらえません。 どうして、単独親権が定められているのかについては、離婚した夫婦が協力して親権を行使することが期待できないとか、親権者をどちらかに定めないと子どもが不安定な立場に置かれてしまうとか、戦前の家父長制の名残であるとか、様々なことが言われています。 今回の裁判で主張された内容とは? 今回の裁判で、男性の代理人である作花知志弁護士は、離婚した両親間で「合理的な理由のない差別的取り扱いを行うもの」として、法の下の平等を定めた憲法14条1項に違反、無効であると主張しました。さらに、家庭生活における「両性の本質的平等」を定めた憲法24条2項にも違反する旨主張しました。 憲法14条1項は、以下のように定めています。 「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」 まず、14条1項の「法の下」とは、法適用の平等のみならず、法内容の平等も含まれると考えられています。さらに、各人の事実上の差異を無視した絶対的平等はかえって不平等になるので、「平等」とは、合理的区別を許す相対的平等をいうと考えられています。 作花弁護士は、離婚した両親のいずれか一方を親権者と定めることは、「合理的区別」ではないため、憲法に違反すると主張しているのです。 また、憲法24条2項は、以下のように定めています。 「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」 判決全文を読んでみないと分からない点もありますが、おそらく、母(女性)、父(男性)のいずれかに親権者を定めなければならにということが、不平等であるとの主張だと考えます。 しかし、裁判所は、単独親権が違憲かどうか判断することなく、上告を棄却しました。 もし「共同親権」となった場合はどうなる? では、仮に、民法が改正され、共同親権となった場合、どのようになるのでしょうか。推測にしかすぎませんが、私は、あまり、現状と変わらないのではないか、と考えます。 夫婦は離婚したら別居するのが通常ですから、共同親権とは言えど、子どもがどちらの家で生活するのか決めなければなりません。そうなれば、面会交流についても定める必要がありますし、養育費をどちらがどれだけ負担するのかも決めるべきでしょう。 もちろん、離婚をしても父母が協力して子育てを行っている家庭もありますし、中には離婚後も同居している方々もいらっしゃいます。そのような方にとっては、共同親権を持つことによって、子育てが円滑に進むこととなるでしょう。 しかし、そのような方々はレアケースなのではないでしょうか。婚姻関係が破綻し、互いに顔もあわせたくない、というような父母に共同親権を与えたら、子どもに関する争いが、いつまでも終わらないのではないか、子どもが苦しい思いをするのではないかと心配です。 私は、共同親権によって夫婦が協力して子育てをして行くというのは、非常に理想的な制度だと思います。しかし、現実問題として、うまくいくのか、疑念が残ります。 いずれにせよ、親権、監護権、面会交流に関する問題は、法改正の可能性を含む難しい問題です。これらについてお悩みの方は一度、当事務所にご相談下さい。

2019.03.06

NEW

不貞相手への慰謝料請求ができなくなる?!

不貞相手への慰謝料請求ができなくなる?!

不貞相手に慰謝料を請求できない? 「最高裁で、不貞相手への慰謝料請求ができないという判決が出た!」というネットニュースが話題になっていたのをご存知でしょうか。 事案の概要は、以下の通りです。 AさんとBさんは、以前婚姻関係にありました。しかし、Bさんは、Cさんという人と不貞行為をしてしまいました。そこで、Aさんは、離婚の原因がCさんにもあるとして、Cさんに対して離婚を余儀なくされたことについての慰謝料を請求しました。 つまり、AさんはCさんに対して、不貞行為そのものによって受けた精神的苦痛を原因とする慰謝料(「不貞慰謝料」といいます)請求とは別に、離婚を余儀なくされたことに対する精神的苦痛を原因とする慰謝料(「離婚慰謝料」といいます)請求を行ったのです。 AさんがCさんに「離婚慰謝料」を請求した理由 どうしてそのようなことをしたのかというと、「時効」が問題になったからです。 不貞慰謝料請求権の消滅時効は、不貞行為が発覚してから3年です。一方で、離婚慰謝料請求権の消滅時効は、離婚成立時から3年です。 本件は、不貞行為が発覚してから3年以上経過してはいたものの、離婚成立時から3年以上は経過していない事案でした。ですから、時効消滅していない、離婚慰謝料請求を行ったのだと考えます。 最高裁判所の判断の内容は? これについて、最高裁は、2月19日、「離婚は夫婦間で決めるべき問題で、特段の事情がない限り不倫相手には請求できない」と判断しました。つまり、不貞相手に対する離婚慰謝料請求は、「特段の事情」がない限り認められないということです。 「特段の事情」について、裁判官は、「離婚慰謝料は、不倫相手が不当な干渉をした結果、やむを得ず離婚したなどの事情があるときだけ請求できる」旨判示しました。 たしかに、不貞行為が離婚の直接の原因にならないということは、起こりうることです。そのようなときにまで、不貞相手に離婚慰謝料の支払い義務を負わせるのは、公平とは言えません。上記のように考えると、裁判所の判断は、あながち間違っていないのではないでしょうか。 残る2つの疑問点 もっとも、疑問も残ります。 従来の裁判例や実務では、不貞行為後に離婚に至った場合の不貞慰謝料は、不貞行為後に離婚に至ってない場合の不貞慰謝料よりも、高額になる傾向にありました。 しかし、今回の最高裁の判例を基にすると、①不貞慰謝料と、②離婚慰謝料を合算した額が、不貞相手に発生する損害賠償債務になります。 ②については、今後、【離婚に至った場合の不貞慰謝料の相場額―離婚に至らなかった場合の不貞慰謝料の相場額】と考えるのが、本判決と整合性がとれるように思われます。もちろん、不貞慰謝料の増額要素として、「離婚に至ったこと」がこれまでどおり考慮されるという考え方もできます。その場合、離婚慰謝料を不貞相手に負わせることができるのでしょうか。その点についてはまだ明らかにされていません。 また、従前、配偶者に対する慰謝料請求と、不貞相手に対する慰謝料請求を行った場合、両者は、連帯債務になると考えられていました。 このような場合、不貞慰謝料と離婚慰謝料の区別を明確にしている裁判例は少ないと感じていますが、本判決が出た以上、今後は明確に両者を区別するのか、そして負担割合をどうするのか、議論の余地があります。 どちらにしろ、時効消滅する前に、不貞相手に対して不貞慰謝料を請求しておくことが得策です。不倫に気づいた、又は昔不倫されていたけれど、慰謝料請求はしていなかった、そのような方は、是非当事務所までご相談ください。

2019.03.01

子の引渡しについての民事執行法改正案

子の引渡しについての民事執行法改正案

2月19日、政府が、民事執行法改正案を閣議決定しました。改正案はいくつか提案されましたが、中でも注目を浴びたのが、離婚に伴う子どもの引き渡し手続きを明確化した改正案でした。 これまでの子どもの引き渡し方法 これまで、子の引渡しの強制執行については、明文がありませんでした。しかし、動産(いわゆる「物」です)の規定を類推適用して、強制執行が行われていました。 その際は、「執行官」という裁判所の職員が、子どもを監護している親(「監護親」といいます)から、直接、子どもを取り上げるという方法(「直接強制」といいます)を取っていました。子どもに意思能力がない場合など、子どもの年齢や発育状況に合わせて、監護親と子どもの立場が、物に対する支配関係と同一視できる場合に行えると考えられていることが多いようです。 また、「直接強制」と対になる制度として「間接強制」というものがあります。これは、「●日以内に子どもを引き渡さなければ、一日あたり〇万円を支払え」ということを命じることによって、間接的に子どもの引渡しを促す方法です。 今回の改正案で変更となること しかし、今回の改正案では、直接強制について、「裁判所に引き渡しを命じられた親が現場にいなくても、引き取る側の親がいれば、執行官が強制的に引き渡せる」としました。 従来は、監護親がいないときは、子どもを連れ帰ることができなかったにもかかわらず、今回の改正案では、家に子どものみしかいない場合にも、子どもを連れ帰ることができるようになるということです。 これまでは、子どもの年齢によって直接強制ができるか否か判断されていましたが、法改正により、新たに子どもの引渡しについて定められるとなると、従来の判断要素が妥当するかは未だ不明確です。 もっとも、改正案によって、強制執行を受ける子どもにとっては、良い影響があると思われます。 監護親から、強制的に取り上げられるということは、子どもにとって非常に精神的負担の大きいものでした。監護親がいない状況での引渡しを行うことができるようになると、子どもの監護親から引き離される寂しさや、申し訳なさ、執行官への恐怖感などを軽減できる効果が見込まれます。

2019.03.01

離婚問題に
お悩みの方へ
離婚問題の経験豊富な弁護士・
スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

無料相談のご予約はこちら

離婚問題について経験豊富な弁護士・スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

ページTOPヘ