よくあるご質問

離婚の手続きに関するQ&A

Q4

不貞行為をした人からの離婚請求は認められないのですか?

A4

絶対に認められないというわけではありません。

不貞行為や暴力などの、離婚原因を作出した側の配偶者を「有責配偶者」といいます。裁判所の判例によれば、おおむね7から10年ほど別居を継続していれば、有責配偶者からの離婚請求を認める傾向にあります。

また、裁判によらず、協議や調停によって相手を説得することができれば、裁判によらず離婚できる可能性もあります。

有責配偶者であるからとあきらめず、一度弁護士に相談することをお勧めします。

関連するページ

このQ&Aに関連するページはこちら

離婚問題に
お悩みの方へ
離婚問題の経験豊富な弁護士・
スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

無料相談のご予約はこちら

離婚問題について経験豊富な弁護士・スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください

ページTOPヘ