0120-77-9014

債権回収

目次
1. 債権回収トラブルについて、こんなお悩みはございませんか?
2. 債権回収トラブルについて、当事務所でできること
3. 当事務所の債権回収トラブルの相談事例・解決事例
4. 債権回収トラブルについてのコラム

1. 債権回収トラブルについて、こんなお悩みはございませんか?

  1. 貸したお金が返ってこない。
  2. マンション経営をしているが家賃の滞納が続いている。
  3. 中古車販売をしているが買主が代金を支払わない。
  4. 建築工事を完成させたが請負代金を支払ってもらえない。
  5. 建築工事の請負代金を請求したところ、工事に瑕疵があると主張されて支払いを拒絶されている。
  6. 売掛金のある取引先が破産をするという噂を耳にしたがどうすればいいか。

2. 債権回収トラブルについて、当事務所でできること

債権回収の目的はシンプルです。しかしながら、その背景にある法律問題は様々で、対応も事案に即したものが求められます。

①から④の事案であれば、弁護士名義で内容証明郵便を送付することによって、早期の解決が実現することもあります。それでも支払いを拒絶する場合には、訴訟等の法的手続を利用することで、強制的に債権の回収を図ることも可能です。

④や⑤といった請負契約を巡るトラブルについては、業界の慣習から契約書が存在しなかったり、請負契約の内容が曖昧であったりすることも珍しくありません。また、建築工事を巡るトラブルの場合には、建築に関する専門的知識も必要となります。

弊所は、一級建築士と提携をしておりますので、建築に関する専門家と連携しながら最適な解決方法をご提案することが可能です。
⑥のような場面では、事前の対策が極めて重要になります。優先的に債権を回収できるように平時から備えておくことが重要です。弊所では契約書チェックの際に法的リスクを分析し、債権回収に備えた契約書を具備したり、担保を取っていただく等のアドバイスをしており、少しでも債権を回収できるようサポートしています。

3. 当事務所の債権回収トラブルの相談事例・解決事例

当事務所の債権回収トラブルの相談事例・解決事例は、以下よりご覧いただけます。

> 債権回収 事例一覧はこちら

4. 債権回収トラブルについてのコラム

債権回収の7つの方法

取引先が経営破綻した場合の回収方法

債権回収を弁護士に依頼するメリット

お問い合わせ

企業法務部 新規相談予約専用ダイヤル

0120-77-9014

法律事務職員による電話受付時間 平日9:00‐18:00
夜間コールセンター電話受付 平日夜間、土日祝

弁護士法人グレイス 東京オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 神戸オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 福岡オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 熊本オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 鹿児島オフィシャルサイト