0120-77-9014

不動産の法律問題

土地や建物といった不動産は、個人にとっては生活の場となり、企業にとっては事業活動のよりどころとなっています。また、その資産価値の高さから投資の対象にもなっています。

売買、賃貸借、担保、不動産の活用方法は様々ですが、資産価値の高さから、トラブルとなった場合の不利益も大きくなります。そのため、不動産取引の仕組みを十分に理解したうえで、どのようなトラブルが想定されるのか、それに対してどのような対策ができるのかを押さえておく必要があります。

不動産の売買代金を回収できない、購入した土地に欠陥があった、賃貸物件からの退去を突然迫られて困っている。不動産を巡るトラブルは様々です。
トラブルに巻き込まれてしまう前に、専門家である弁護士に一度ご相談されることをお勧めいたします。

「不動産の法律問題」の関連記事はこちら

不動産賃貸借契約で失敗しないポイント

土地建物の明け渡しの5つステップ

不動産売買契約で失敗しないポイント

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ
0120-77-9014
平日9:00 - 18:00