0120-77-9014

消費者トラブル

目次
1. 消費者トラブルについて、こんなお悩みはございませんか?
2. 消費者トラブルについて、当事務所でできること
3. 当事務所の消費者トラブルの相談事例・解決事例
4. 消費者トラブルについてのコラム

1. 消費者トラブルについて、こんなお悩みはございませんか?

  1. 訪問販売を行う際、工事契約の勧誘であることを示すと警戒されるので、他の目的を告げて訪問して良いか。
  2. ネット販売をしているが、返品を一切不可とする特約は有効か。
  3. 家庭教師を派遣したが、突如として契約を解除された。これまでの授業料も請求できないのか。
  4. 時計を販売したところ「女性向けと宣伝していたのに、女性が装着するには重すぎる。」ことを理由に契約の取消を求められている。
  5. クレジットカード加盟店であるが、不正利用防止のためにどの範囲までの調査が必要か。
  6. 食品の製造販売をしているが、食品添加物やアレルゲン等、表示義務のある事項を品目毎に知りたい。

2. 消費者トラブルについて、当事務所でできること

幅広い法律分野への対応

消費者法は事業者と消費者の情報格差の問題から、事業者側に様々な規制が課せられています。

他方で我が国には、「消費者法」といった、消費者問題について統一した法源がなく、多くの個別法を横断的に検討することが不可欠となります。

上記の例でも、①から③は特定商取引法、④は消費者契約法、⑤は割賦販売法、⑥は食品表示法にそれぞれ関連する問題であり、各個別法を横断的に捉えることが問題点を正確に把握する上で極めて重要となります。

当事務所では、各個別法の知識に加え、それぞれの法分野を横断的に検討し、紛争を適切に解決することについて、多数の経験とノウハウの蓄積があります。

当然、これらの知見とノウハウは契約書のリーガルチェックにも活用されます。

3. 当事務所の消費者トラブルの相談事例・解決事例

当事務所の消費者トラブルの相談事例・解決事例は、以下よりご覧いただけます。

> 消費者トラブル 事例一覧はこちら

4. 消費者トラブルについてのコラム

特定商取引法

トラブルに発展した場合

消費者保護法への対応

お問い合わせ

企業法務部 新規相談予約専用ダイヤル

0120-77-9014

法律事務職員による電話受付時間 平日9:00‐18:00
夜間コールセンター電話受付 平日夜間、土日祝

弁護士法人グレイス 東京オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 神戸オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 福岡オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 熊本オフィシャルサイト
弁護士法人グレイス 鹿児島オフィシャルサイト